Q.報酬明細について知りたい

A.簡単にご説明します。

会社や個人が、人を雇って給与を支払ったり、税理士・弁護士・司法書士などに報酬を支払ったりする場合には、その支払いの都度支払金額に応じた所得税及び復興特別所得税を差し引く源泉徴収義務が発生します。

ただし、個人事業主に報酬や料金を支払う際には、源泉徴収が必要な範囲(支払いを受けるものの業種)が別途定められており、その範囲に該当する場合のみ支払者に源泉徴収義務が発生することになります。

 

弊社の業務委託契約に関しては、この源泉徴収が必要な範囲に該当しないため源泉徴収義務が無く、源泉徴収票や支払証明書は発行はしておりません。

別途記載しております「確定申告をする必要がある人」の要件に当てはまる方は、ご自身で確定申告をしなければなりません。

確定申告については、こちらをご覧ください。